ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

体をあたためて新陳代謝を上げる妊活

October 30, 2015
約 3 分
体をあたためて新陳代謝を上げる妊活

妊娠しやすい体を作るには、バランスのとれた食生活、冷え解消、質の良い睡眠などのほか、適度な運動も必要です。過度な運動やダイエットは逆にホルモンバランスを崩し、生理周期を乱してしまうこともあります。かといって、なにもしないと老廃物や脂肪がたまり、新陳代謝も下がる一方です。特に新陳代謝を上げることは妊活にとっても大事なことです。新陳代謝が下がると、冷えもたまりやすく、子宮の機能も低下してしまいます。また、よい汗をかくことにより、自律神経も調整されホルモンバランスも良好に保てます。

では運動以外に効率良く新陳代謝を上げる方法って、どんなものがあるんでしょうか。

半身浴

半身浴は自宅で誰でも簡単にできます。
熱々のお湯より、37度から39度のお湯でおへその下当たりまでゆっくりつかるようにしましょう。そうすることにいって体がじんわりと芯からあたたまり、全身の血行を良くします。

汗をじんわりかくまではなるべく入り、寒い冬場などはお風呂の蓋を半分まで閉じたり、肩や頭にタオルをかけると更に効果的です。防水カバーを持ち込み、お気に入りの本を読んだりすると長い時間も楽しく入れます。

岩盤浴、温泉、砂風呂も効果的

岩盤浴、温泉、砂風呂なども新陳代謝を活性化させ、座ったり寝ているだけでどんどん汗がかけるのでおすすめです。重い生理痛に悩む女性も改善されていきます。

どれも体の芯から全身をあたためるということが共通していて、流す汗もサラッとしていて気持ちの良い汗です。やりすぎも脱水など体調を崩す場合があるので、きちんと時間は決めて無理のない範囲で行いましょう。水分補給が足りないと脱水にほかにのぼせや疲労蓄積など逆効果になることもあるので、水分も持ち込んで行うようにしましょう。

妊活イコール温活といっても過言ではないくらい、体をあたためることは妊活にとって非常に大事なことです。体が冷えやすい、手足がすぐに冷たくなる、下痢になりやすいなど症状を感じる人は、まずは自宅でできる半身浴から始めてみましょう。

柔軟をするとさらに血行が良くなり、子宮の機能も向上します。お腹のあたりにカイロをはったり、よもぎ蒸しをすることも効果があり、とにかく冷やさないように注意するようにしましょう。

妊活は出口が見えないトンネルともいわれます。

終わりが見えないものなので、できるだけ楽しく、リフレッシュしながらできる方法を見つけ、ストレスなく続けられることが一番です。

[sc:メールマガジンへのリンク]