ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

体を温めて、良い食事と良い精神状態で。

November 8, 2015
約 3 分
体を温めて、良い食事と良い精神状態で。

執筆者 さとこさん

結婚後も頻繁に海外出張などにも行き、仕事にやりがいを感じ、『子供はまだ先』と数年考えていたら、気づくと35歳。子供なんて欲しいと思ったらすぐにできると甘く考えていました。いざ、そろそろ、と考えても、一向に妊娠の兆しは無く、焦りを感じ始めた頃、40歳手前の姉も不妊治療で子供を授かった事もあり、不妊治療をする決心をしました。色々検査をする中、片方の卵管が詰まっていたり、低体温だった事もあり、妊娠しにくい体だという事を初めて知り、愕然としました。もっと早いうちに、若いうちに真剣に考えるべきだったと後悔もしました。

まずはタイミング法を試みるも何度か失敗。年齢的なこともありますし、卵管の問題もあるので、すぐに体外受精にチャレンジするよう、医師に勧められました。主人も協力的だったので大変助かりました。

ちょうどその頃、体に良いからとホットヨガに通い始めるようになり、また、毎日自宅で足湯をしてなるべく体を温めるよう心がけました。いつも体温が35度台と低い私でしたが、ホットヨガに週2〜3回通ううちに、少しづつ体温も上がり、風邪もひきにくくなり、体調が良くなっているのを実感しました。もちろん、食事は野菜中心、そしてオリーブオイルを取り入れたヘルシーなものを心がけました。夜もなるべく早く就寝し、睡眠時間を取るようにしました。

しかし、その後、体外受精を試みるも2回失敗。体外受精までしているのに失敗…、しかも受精さえしなかったんです。女として失格のような絶望的な気持ちになり、大泣きしたのを覚えています。しかし、あきらめたくはなかったので、次は最終手段という事で、とうとう顕微受精に挑戦しようと決心しました。その前の1サイクル(約1ヶ月)は、子宮を休めるという事で、何も考えるのをやめ、来月の顕微受精に備え、気楽にホットヨガをやったり好きな事をやって過ごしていました。そしたら、なんと、その1ヶ月の間に自然妊娠したのです。本当に信じられない、奇跡だと思いました。あんな辛い思いをして痛い思いをしてお金もかけて頑張っていても無理だったのに。

でも、その頃の体調は体温も36度台をキープし、体調も良く、生き生きと過ごせていたのかなと思います。やっぱり体は温め、健康的なバランスの良い食事と健康的な精神状態、すべてがうまく整った時、赤ちゃんが来てくれたのだと思います。

子供が欲しいと思うなら、なるべく早くに真剣に考え始める事が大切だと思います。そして赤ちゃんがお腹に来て、心地よいと感じるママの体調、精神状態、それにつきると思います。私個人としては、ホットヨガで体温が上がったのが大きな要因だったと思います。