ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

エコポカとブレンドティーで、逆子も直って超安産でした!

November 7, 2015
約 3 分
エコポカとブレンドティーで、逆子も直って超安産でした!

執筆者 ことねさん

冷え性で生理不順、ホルモンバランスが悪く長年体調不良に悩まされた私ですが、そんな私でもありがたいことに子どもを授かることができました。

高齢出産で、病院では「ハイリスク妊婦」扱いでしたが、妊娠中もほぼ順調。陣痛から分娩までもトータル4時間(後産含めて)という超安産でした。

妊娠中は、とにかく「あたたかく」を心がけました。また、貧血気味で、月に一度の妊婦健診では鉄剤を処方されたこともあるのですができるだけ薬は飲みたくなかったので、食べ物で改善を図りました。

特に効果があったのは、枝豆です。ちょうど安定期に入るくらいの時期が夏場だったのですが、主食か?というくらい、枝豆をよく食べました。好きだったからというのが一番の理由ですが、調べてみると葉酸がよく摂れるのですよね。そのほかに、鶏レバーを食べたりはしましたが、次の血液検査では鉄の数値が標準まで改善されていました。

7か月のときの妊婦健診で「逆子」と先生に言われて、泣きながら逆子体操をしました。逆子体操、私には痛くて痛くて、とてもしんどかったのでなんとか頑張って続けようと思ったのですが、続けられませんでした。でも、翌月の妊婦健診で先生に「逆子、直ってますよ」と言われました。

ちょっとお行儀悪いですが、エコポカという電子レンジで温めて使うカイロを寝るとき、太ももの間にはさんで寝るようにしていたのです。それから、主人に協力してもらって、寝る前や、主人の時間が取れるときに足首を回してもらうようにしました。

これは、わたしが仰向けに寝転がった状態で主人が片手で足首を持って、もう一方の手で足の土踏まずのあたりを持ってぐるぐる、内側と外側、両方に回す…というのを両足やるのですけれど、これをしてもらうと、腰や背中のハリが緩んで腰痛が楽になります。

体がリラックスできるので、より冷えの解消にもつながって、それが結果として逆子の解消にも役立ったようです。どうも冷えてしまうと、お腹のなかの赤ちゃんがより温かい方に頭を向けたくて、子宮の中でくるっと回転してしまい逆子になるそうなのです。

子宮のあたりを中心に腰回りや脚を温めたことで、また元の位置に戻ってきてくれたようです。臨月あたりからは、ネトルとラズベリーリーフというハーブをブレンドしたお茶をこまめに飲むようにしました。

主人がメディカルハーブの先生に教えてもらった飲み方で、ネトルは鉄分の補給に、ラズベリーリーフは別名「安産のお茶」とも言われるそうなのですが、子宮の動きを滑らかにする効果があるのだそうです。

母乳育児をしたかったので、鉄分が摂れるネトルのハーブティを飲もうとしていたのですが、ネトルだけだと味がイマイチに感じられて飲みにくいなーと思っていました。教えてもらったラズベリーリーフと一緒に飲んだら、ちょっと甘みもあって、飲みやすい!

鉄分と共に、安産のお茶もせっせと飲めたからでしょうか。お蔭で、ほぼ予定日どおりに陣痛がきて、病院の助産師さんがビックリするくらいスムーズなお産をすることができました。

妊娠期間を通じて実感したのは、「あたためる」こと!ほんと、大事です!