ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

赤ちゃんの不思議な行動やしぐさから読み取る心理

November 7, 2015
約 3 分
赤ちゃんの不思議な行動やしぐさから読み取る心理

大人から見ると不思議な行動でも、実はしっかりと意味があります。自分の体を理解しようとしていたり、物ついて理解しようとしている表れです。また、コミュニケーションを取ろうという行動だったりもします。赤ちゃんの行動の意味を把握することで、コミュニケーションが取れるようになりますので意味をしっかりと理解しましょう。

足をなめる

自分の足を確認しています。これは、自分の体を認知しなければならない為です。足を舐めるとどうしても汚いからやめさせてしまいますが、正常な行動ですので心配はいりません。

頭を掻く

身体を刺激することで安定感を得ています。主に、眠り始めなどによく見られます。

首を振る

筋肉感覚と視覚の変化を確認しています。かわいらしい行動なため、見ている周りの人が喜びます。それを見た赤ちゃんも首をふると喜んでくれるのでどんどん首を振るようになります。これは赤ちゃん側から発せられるコミュニケーションの一つですので、大いに反応してあげましょう。

地面を手でガリガリする

物をつかむための練習をしています。最初は指先だけですが、大きくなるにつれ指の動きが器用になってきます。指でつまめるようになると、ティッシュなどをつまんで引っ張るようになります。

反りかえり

首が心配になってしまうこの反りかえりは、ブリッジ型と背筋型があります。この行動は、生後5~6ヶ月くらいから見られ始め、筋肉を伸ばすという意味があります。7~8ヶ月目くらいには収まります。7~8ヶ月過ぎても続く場合は、お座りや発達に影響する場合がありますので、長い期間見られる場合は小児科に相談しましょう。

袋を被る

1歳をすぎたころからなんでも被るようになります。本来被るものではないものでも、これは被ることも出来ますよ。という子供の賢さを表しているものですので、大いに褒めてあげましょう。

なんでも開け閉めする

物事の因果関係を理解しようとしている行動です。こうすれば、こうなる。こうするとこうならない。これは子供が学習するために大事な行動です。子供にとっては全てが新しいことなので、やってみて初めてわかることばかりです。予想する→わかる→面白い→繰り返す。という心理のもと開け閉めを繰り返します。

音や動きに反応する

この行動は実はまだはっきりしたことはわかっていませんが、仮説として、他のものをリズムや周期が同じになる引きこみ減少の一種と考えられています。見ているものや音と同じ動きをするのは赤ちゃんにとって心地よい状態であることと言われています。赤ちゃんが動いているときは、親も一緒に反応してあげると赤ちゃんは喜んで沢山身体を動かしてくれるでしょう。

子供のしぐさを観察しましょう

いかがでしたでしょうか?子供のしぐさには意味があることが、上記の説明でお分かり頂けたと思います。その場合は、親も一緒に子供と一緒に同じ行動もしくは真似をしてみましょう。それが親子のコミュニケーションに繋がっていきます。

[sc:メールマガジンへのリンク]