ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

妊活中の行動についてまとめてみました

December 17, 2015
約 3 分
妊活中の行動についてまとめてみました

執筆者 陽子さん

よくあるのが、子宝に効くという物を探しに行く旅です。私も行ったことがあるのですが、大分県の別府市にある地獄めぐりのひとつで鬼山地獄、別名わに地獄とも呼ばれるところに子宝の木があります。一見普通の木ですが、お賽銭箱みたいなものがあり、子宝の木と表札がついています。私の友達も行き、5年間出来なかった子どもが宿ったと大喜びしていました。その木と一緒に写真を撮って帰った翌月のことでした。

それによくあるのが、携帯の待受画面です。ふくよかなかわいい神様のような絵のきむらさんや雲の切れ目を両手で開いているような雲の形の写真などを携帯の待受画面にしていると子宝に恵まれると言われています。さるぼぼも有名ですね。

でも、これだけは絶対に大事なのは身体を温めることです!

体を冷やしてしまうと、体は逆の反応をしだします。冷えてしまうと体は蓄えて脂肪をつけることによって温度が上げようとするので、そうなってしまうと、出産をするときに産道に脂肪がつき出産に時間がかかるようになってしまいます。妊婦さんは太ると先に産道からついてしまうのです。

妊娠する前も出産するときも冷えというのは大敵になるため、その予防策として腹巻きが一番最適です。腹巻きをすることにより、お腹と腰を温めてくれるので一日しておくと体がぽかぽかしてきます。それを毎日繰り返していると体全体の代謝も上がってきます。赤ちゃん本舗などに行くと妊婦さん用の腹巻きも販売していますし、下着売り場でもおしゃれなものも最近増えてきているくらいです。下着ですので、毎日つけていても恥ずかしくありません。

体を冷やす飲食物(コーヒーやカフェインが入ったもの)などを控え、体を温めてくれるものをとりましょう。そして、なんといっても腹巻きです。私もコーヒーを飲んだら男の子が出来やすいなどいろいろな噂を耳にして試してきましたが、結局は自分の体の代謝がよくないと健康でもいられないし、なんといっても赤ちゃんを迎えられる体制にはなれていませんよね。

体を温めて代謝をよくすると赤ちゃんも来てくれるのではないでしょうか。腹巻きで、妊活。妊娠する前から始めたら、出産した今でもその温かさが快適で風邪も引きにくくなりましたので手放せません。前半にあげたいわれやお話も体験した方はたくさんいるのも事実ですし大事ですが、まず、ご自身の体力、体作りを改善し、生姜湯、腹巻き、温野菜など試してみるのはどうでしょうか。

私は生姜湯にはまりすごく飲んでいて、なおかつ腹巻きにもはまりだし、あまり気にしなかったら赤ちゃんの方から来てくれましたよ。

ぜひみなさんもお試しになってください。
[sc:体験談投稿フォームへ ]