ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

神経質で優しすぎる性格。毎日褒めて子供に自信をつけさせる子育て

November 16, 2015
約 3 分
神経質で優しすぎる性格。毎日褒めて子供に自信をつけさせる子育て

執筆者 はるかさん

子育てをしていく上で自分なりに悩んで事やその解決方法を書きたいと思います。

うちは二人兄弟で(現在中1と小2)性格が二人も神経質でした(現在は少し緩和されました)例えば、テレビの音がする中で絶対に眠る事ができませんでしたし、お布団が変わると寝れないとが始まるので、実家へのお泊りなどもなかなか出来ませんでした。普通は上の子だけ、そのような性格になるのは分ると聞きますが、二人して同じような性格(神経質)は珍しいと幼稚園や学校の先生には言われました。

しかしそんな神経質な一面もありながら、片づけが苦手だったり、食べ方も適当だったりと、とても神経質な人とは思えないような部分もあって、どう対処したらいいのか分からなくて、区の育児相談窓口(支援センターに相談へ行ったこともありました)

それと同時、私が凄く気を病んだのは、兄弟二人して優し過ぎると言うのか?気が弱いと言うのか?友達に関して嫌な事を嫌だと言えない部分がありました。これは本当に兄弟してそんな性格でしたので、兄弟喧嘩などは一度もないと言って良い程でした。

家にそれぞれも友達が来て遊んでいても、もう毎回やられっ放しで親の私がイライラする始末でした。お菓子もおもちゃも取られる、だけど絶対に返してとは言えなくて、叩かれも蹴られても嫌だと言えない性格に情けなを感じたくらいで、この事も支援センターや幼稚園の先生、小学校の先生にも散々相談をしました。

そんな時に、決まって言われたことは、自分の意思を伝えられないのは困るけれど、人に優しい、絶対に意地悪しないという事は長所ですよ。なぜ、悪いところばかり目について、そのような良いところを褒めてあげないのですか?と言われていました。

思い返すと、いつも我が子の気弱で神経質な部分だけ目に付いて、友達に優しく出来るところを褒めてあげた事がありませんでした。その事を反省して、人を叩いたり蹴ったりする側の子よりは全然良い子なんだと思えるようになりました。そして毎日毎日全力で褒めました。

今は上の子は部活でも学年リーダーを任せてるもらっているようでクラスでも優しくて人気だそうです(先生談)下の子は相変わらずやられて帰って来ることもありますが、人間関係も凄く良いとの事で、先生からもお友達からも信頼されている存在らしいです。

子育てを通じて学んだ事は、自分の子の悪い点や弱い部分だけを見るのではなくて、良い点も探して毎日褒めてあげると子供に自信がついて性格すら変わってくるという事を学びました。

これからは親の私が気持ちに余裕を持って子育てして行きたいと考えています。
[sc:体験談投稿フォームへ ]