ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

親の心が分かる子ども

November 19, 2015
約 3 分
親の心が分かる子ども

執筆者 あさみさん

子どもが正しい方向に成長するかどうかは親の気持ちが伝わっているかどうかにかかわると思います。

私の長男はとてもわんぱくで、幼稚園時代は女の子をいじめてそのお母さんに謝ったり、いろんな物を壊したりと大変なことがいろいろとありました。現実問題、長男を育てるのに本当に大変で、どれほど涙を流したか分からないくらいです。幼稚園を過ぎてからは体罰を与えた事はありませんでした。

小学校に上がってからは、体罰をあたえる代わりに長い会話をしました。悪い事をした時に、そうするのはいいことか悪い事か?っと考えさせるようにしました。子どももある程度は分かっているもので、自分で悪いというのを言うのですが、ではこれからどうしないといけないかというのを、自ら考えてもし分からなかったら、お母さんはこうしたらいいと思うけどと誘導してあげて、自分から約束させるようにしました。

それでもなかなか治らなかった癖は、人の家にいって小さい子に家のお金をもってこされる事や、家にあるお金をこっそり持っていって隠すことでした。何度か怒っても繰り返しするので、怒りよりも悲しみがこみ上げてきて、
「お母さんが立派に教えなかったことが問題だ」
っと言って怒るのでなく子どもの前でたくさん泣きました。

それからというもの、どうしてか分かりませんが、お金や物を持って帰ったり、隠したりという事をすることがなくなりました。いつも怒るときは目を見て怒るようにしていたのと、よい点を見つけてたくさん褒めるように努力しました。

そういう日々が小学校4年生くらいまで続いたのですが、そういう日々を過ごしているうちに長男は変わってきて、今では学校でも模範生になっています。子どもですから親の気に入らない事もしたりしますが、自分から門限も決めて高校生でも8時前には帰って来るようにしているし、遊びに行く時は必ず電話をして許可をとってから行っています。別にそうするように言っているわけではないのですが、親が心配するのが分かるようです。子育ては、心で体当たりして真実に育てればいつの日か子どもが親の心を分かるようになるものだと思います。
[sc:体験談投稿フォームへ ]