ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

出産と育児にはとにかく体力が必要です!

November 20, 2015
約 3 分
出産と育児にはとにかく体力が必要です!

執筆者 りなさん

子供を出産するにあたって産婦人科の先生によく言われたのが、太りすぎないことと体力をつけておくことです。私の場合食べつわりで何か食べていれば落ち着くような状態だったのですが、そのおかげで体重の増加について何度も先生に叱られました。でも空腹になると気持ちが悪くなるので食べないわけにもいかず、産婦人科に行くのが嫌になるほどでした。

そんなある日、体重の増加を心配した夫が夕食後のウォーキングに誘ってくれました。毎日夕食を食べた後30分以上ウォーキングすることを目標に始めたのですが、1日の出来事や出産後の話などをしているとあっという間に時間が過ぎ、帰宅するころには1時間近く経っていることがほとんどでした。それまでも夫とはよく話す方でしたが、こんなに二人きりでいろんな話をする時間はあまりなかったので楽しかったです。そしてウォーキングをはじめてからしばらくすると、産婦人科で体重のことについて叱られることがなくなりました。

夕食後のウォーキングにも慣れたころ、帰省出産のため私だけ実家に帰りました。実家では夕食後に歩くのは危険だということで、昼間にウォーキングをはじめました。出産予定の産婦人科では、2時間くらい余裕で歩けるようにしておくと出産後もとても楽ですよ、と言われ毎日2時間歩くことを目標に頑張りました。

そして出産当日、夜中の0時ごろから陣痛が始まりましたがただの便秘かもしれないと思い我慢し続け、次の日の朝産婦人科へ行きました。そのままお昼の12時過ぎには出産したので比較的安産だったようです。毎日2時間近く歩いていたおかげかすごく大変な状況を想像していた出産も意外とあっという間で、体力的にはまだ少し余裕がある状態でした。

しかし、出産したらそれで終わりではなくここからが本格的な育児の始まりです。体は出産直後は少し余裕がある状態だったのですが単にハイになっていたせいなのか、しばらくすると体の節々が痛くなりました。そして疲れていて食欲もあるはずなのに食べ物がのどを通らなくなり、2日くらいは一人で歩くのさえ大変でした。私は意外と出産自体よりも産後の方が体はきつかったように感じます。もしこれが毎日2時間近く歩いて体力をつけていなかったらどうなっていたのか想像すると恐ろしいです。退院して赤ちゃんのお世話をしながら徐々に体は回復してきますが、3時間おきの授乳があったりと数カ月はまだまだ頑張らなければいけません。

これから出産を控えている方はウォーキングをして少しでも体力をつけておくことをおすすめします。無理をしない程度にですが、できれば2時間余裕で歩けるようにすると産後が少し楽に感じますよ。
[sc:体験談投稿フォームへ ]