ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

35歳以上での妊娠出産、そして育児の大変さ

December 14, 2015
約 3 分
35歳以上での妊娠出産、そして育児の大変さ

執筆者 麗子さん

35歳で妊娠、出産しました。それまではずっと仕事をしていたせいか、全く妊娠しませんでした。

結婚してから仕事を辞めて家でのんびりしていたらすぐにできたので、体を休ませるということで妊娠しやすい状態になっていたようです。同年代の友達はなかなか出来ずに、不妊治療を始めたりしていたので、この年で、さすがに自然にはたぶんできないと思ってたのですが、思いがけず妊娠することができました。

不妊治療していた友達は100万ほどかかって妊娠しましたが、双子になってしまい、かなり大変そうでした。その友達はさほど子供が欲しかったわけではなく、旦那さんの要望が強かったので仕方なく不妊治療ををしていたら1回目で成功しました。それで、双子だったので、かなり不安そうでした。子供1人育てるのも大変なのに一気に2人だと精神的に大丈夫だろうかと心配してしまいました。

子育ては周りのサポートがなければ絶対に無理です。母親1人だったらノイローゼになってしまいます。妊娠して出産したら終わりではありません。それからの育児がまた大変なのです。最近は、不妊治療ばかり注目されているようなので、その後の育児の大変さについても知ってもらいたいなあと思います。

35歳超えて、子供の面倒を見るのはほんとうに大変です。体力が全然持ちません。子供にも個性があるので、のんびりした子だったら、なんとかついていけますが、これが活発な子だと、もうついていけません。私の子供はかなり活発で動き回る子供だったので、ついていくのに必死でした。これが20代だったら十分対応できると思いますが、30代後半ともなると、はやり体力の限界が出てきます。これに家事もしないといけないので、へとへとです。

子育ては20代でするのが一番だと身に染みています。今は私のように、就職してからずっと働き詰めで、気が付けば30歳を超えていて、子育てどころでなかった女性がわんさか溢れています。その中の1人でもある、最近37歳で結婚した友達が、やはり旦那さんが子供を欲しがっているということで、不妊治療を始めるかどうか悩んでいます。

きついようですが、私は、35歳以上で子供を産むのはあまりお勧めできないと言いました。彼女は子供はできなくてもいいと思っているようなので、無理に子供を持つことに執着せずにいる方がいいだろうという話で終わりました。自然にできれば一番理想だけど、なかなかできない人にとっては、大きな悩みだと思います。でも、その後の子育てについてもしっかり把握してほしいと思います。そんなこといっても実際に子供を持たないとそんなことわかりませんよね。

色々と育児の大変さばかり強調してしまいましたが、子供を授かった時の嬉しさや、産まれたときの感動、日々成長する子供の姿を見ることができるのはやはり親の特権ではないでしょうか。そんな子供の姿を見ていたらいくら育児が大変と言えども、すべて吹っ飛んでしまいますから、子供を授かったらその命、大切に育てていきましょう。
[sc:体験談投稿フォームへ ]