ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

妊活は夫婦の問題

December 4, 2015
約 3 分
妊活は夫婦の問題

執筆者 ゆうかさん

早かれ遅かれ、ようやく1人の人と巡り会い結婚して、どうしても子どもが欲しいって思うのは当たり前のことです。

でも、そう思っていても子どもができるのは、天からの贈り物というように簡単ではありません。本当に奇跡のようなものだと思います。それでも子どもが欲しいからこそ、世の中には「妊活」という言葉が溢れているんだと思います。

その活動は、夫婦にとって意思疎通がとっても大切なことだと思います。ただただ、奥さんの方が子どもが欲しいと思っていても、旦那さんがあまりその気分ではなかったら妊活は成立しません。

私はまず、旦那さんが子どもに対してどういう風に思っているのかなどを話しました。子どもが欲しいのか、まだ2人の生活を楽しみたいのか。やはり、子どもができると生活は180度変わります。自分のやりたいことができなくなるといっても過言ではありません。やはり子どもが一番になってきます。

そういう未来の事をきちんと考えることも大切なことなのです。私たちの場合、2人とも大の子ども好きで前々から結婚したら子どもが欲しいね。子どもは2人かな、3人かなという話もたくさんしてきました。

そして付き合いも長かったので2人でのデートもたくさんしたし、これからはまた家族が増えてきたいねなどと話していました。なので、妊活にすんなりスタートできたような気がします。そして妊活をスタートするにあたり、まず始めたことは「基礎体温」を計るということです。無料アプリで基礎体温を記録できるものがあるので、ダウンロードし、毎朝起きたらすぐ体温を計るようにしていました。

そうするとこで、妊娠しやすい時期や妊娠したかもしれないということが分かるからです。そして、無料アプリで毎回自分の生理がきたタイミングと日にちを記録すると、妊娠しやすい日にちなどが分かるので、その日を旦那さんに伝え、妊活するようにしていました。

最初から上手くいくはずないので長い目で妊娠できればいいやという気持ちでした。なので、妊娠できた時は喜びというより驚きました。妊活は焦りは禁物です。旦那さんといいコミュニケーションをとって、神様からの贈り物を待ちましょう。
[sc:体験談投稿フォームへ ]