ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

冷え性の改善が一番大事だったと思います

November 15, 2015
約 3 分
冷え性の改善が一番大事だったと思います

執筆者 美咲さん

正直なところ避妊をせずにいればすぐに妊娠するだろうと考えていたので、妊活らしい妊活を始めたのは、子どもを作ろうと決めてから半年後のことでした。

最初は妊娠しやすい条件を調べることから始め、まず冷え性だった私は身体を温めることを心がけるようになりました。それまでは毎日、冷蔵庫に常備してある麦茶で水分を取っていましたが、それを温かいほうじ茶に変え、常温以下の飲み物は一切飲まないようにしました。その上で、大好きだけど身体を冷やす効果のあるコーヒーは一週間に1杯だけのお楽しみにし、ティータイムにはルイボスティーを飲むようにしたんです。

そして朝と夜にウォーキングを行い、血流が良くなるように努めました。夜のウォーキングは夫も付き合ってくれることが多く、話をする時間が増えて夫婦仲を良くするという意味でも効果があったと思います。その他、夫婦で行ったのはサプリメントを飲むということです。私は葉酸とマカ、夫は亜鉛とマカを錠剤のサプリで毎日飲みました。

効果が出たのは三か月後のことです。妊娠検査薬に一度も確認できなかった線が見えました。でも喜んだのもつかの間、このときは胎嚢も確認できないまま、科学的流産の状態だったようです。その後、妊娠はできたんだからと同じ方法で妊活を続けましたが、その三か月後に再度妊娠し、次は6周目で流産。胎嚢はみえましたが心拍確認には至らず、流産手術を受けました。

初期の流産はほとんどの場合、母体のせいではないことはわかっています。でもやっぱり私が赤ちゃんを育ててあげられなかったのでは、という思いが強く、元気に赤ちゃんを育てるためにはどうしたら良いのかということを調べて、やっぱり血流を良くすることだと思い、ウォーキングの時間を増やして1日2回のマッサージを始めました。その後半年ほどかかりましたが、寒い季節にも関わらず足先が冷えることがなくなってきたなと感じ始めた頃、再び妊娠。今度は無事に出産することができました。

私の場合は、定期的な運動をして冷え性を治すこと、夫とのコミュニケーションを増やすことが妊娠へとつながるために重要なことだったと思います。