ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

赤ちゃんが欲しい!私が行った4つの妊活法

November 17, 2015
約 3 分
赤ちゃんが欲しい!私が行った4つの妊活法

執筆者 れいれいさん

赤ちゃんが欲しい!そう思ったら始めるのが妊活でしょう。でも一体、妊活って、何をすればいいの?という人も多いと思います。私も赤ちゃんが欲しくて、色々調べて妊活し、今は二人の子供を授かりました。私が具体的にやったことは、

・基礎体温を測る
・体を冷やさない
・旦那さんには精力が増すようなものを食べてもらう
・仲良しはいつもより盛り上がるくらい濃厚にする

です。

第一の基礎体温。これは妊活では基礎中の基礎。自分の基礎体温を測ってみて、高温期と低温気が排卵日を境に規則正しく変動するような状態であれば、自分の排卵日を概ね予測ができます。ところが、基礎体温の変動が不規則な人もいます。

この場合は排卵日が予測できませんので、なかなか赤ちゃんの授かるチャンスに巡り合う機会が減ってしまいます。この場合は数か月様子を見てみて、自分の基礎体温の変動がどのように変移するのかを確かめることが大事です。また、生理周期が一定であれば、生理は概ね排卵日の2週間後に発生しますから、生理周期から逆算し、基礎体温と併用して自分の排卵日の特徴を見るのもいいかもしれません。

数か月見ても、基礎体温が不規則に変動している場合は、ストレスが原因であったり、その他の要因が関係している可能性もありますから、一度婦人科に診てもらうのも良いと思います。第二に体を冷やさないこと。女性の体は特に冷えは大敵です。

第2の身体が冷えることで血の巡りが悪くなるためか、妊娠しずらい身体になってしまうようです。女性の子宮で赤ちゃんが育つには、黄体ホルモンの分泌が必要不可欠なのですが、冷え性等で体温が低いと、妊娠したとしても、流産の可能性も高まってしまうようです。ですから、まずは体を温めましょう。私は良く生姜を使う料理を作って食べました。生姜は身体の保温効果抜群です。

第三の男性の性力増強。精力がつくのは亜鉛です。牡蠣には亜鉛が豊富に含まれているのでお勧めです。旦那さんの晩酌のおつまみに出してあげるっていうのも有りではないでしょうか。ここで気を付けてほしいのは、旦那さんには絶対にプレッシャーを与えないことです。男性はストレスに弱いです。精力をいくらつけたいからと言って、あからさまに精力増強に繋がる食べ物ばかりを食べさせてあげていると、そのうち旦那さんも気づいてしまいます。

旦那さんは逆に「仲良ししたくない」と思われてしまうと、その時点で仲良しすらできないことになりかねません。ですから、さりげなく料理を作り、旦那さんに亜鉛を摂取してもらうのが良いでしょう。

第四には仲良しの問題です。ここはカップルでも色々差異がありますので、一概にこうしたら良い!とは言えないのですが、お互いが盛り上がれるように、ムードを作る工夫をしましょう。私の場合は下着を旦那の好みにこっそり変えておいたり・・・。

とにかく、仲良しで大事なのはお互いが気持ちを高められる状況であることが大事です。第一から第四まで見てきましたが、一番大事なのはお互いストレスのない妊活が大事です。あまりストレスを感じると、女性側も排卵日が不定となったり、排卵日がなくなる事態もあり得ます。

男性は精力が落ちて、元気がなくなってしまうことも。まずは旦那さんとどんな感じで妊活をしていくかじっくり話し合うのもいいでしょう。そのカップルに合った速度で気楽に行っていくことが大事です。