ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

不妊治療は、夫婦の問題

December 3, 2015
約 3 分
不妊治療は、夫婦の問題

執筆者 正行さん

不妊治療における、男性の視点は、主に女性に問題があると考えてしまいますが、実際には、男性にも問題がある場合があります。

私も、不妊治療専門の病院に行きました、まず待合室が女性ばかりで、男性がほとんどおりません、またそのような病院に行くにも大変なストレスになりましたが、子供が欲しいと思うと避けて通れなかったので、気持ちを強く持って行きました。

病院では、不妊治療についてのセミナーなどが開催され、そこで様々な方法について学びます、簡単な実践できる事から、高い費用と時間がかかる物まであります、

私たち夫婦は、ともにアラフォーだったので、成功率は低いですが高額な治療を受ける事にしました、この治療は、助成金なども受けれましたが、それでも結構お金がかかったと思います。これでダメなら諦めようと話し合っていたので納得して支払いました。

その後夫婦ともに様々な検査を受けたのですが、問題が無く、むしろ妊娠しない事が不思議と言われましたが、それでも子供は、なかなか授かりませんでした。ここで大変だったのは、妻が高額な治療費を支払った事により結果が出ないことに精神的に追い詰められてしまった事です。

不妊治療は成功率が低く無駄になってしまう可能性が高かったのは、理解していましたが、やはり女性は責任を感じてしまっていたようです。特にテレビとかで芸能人が出産のニュースなどが流れると、番組を見ないようにしていたり、スーパーで買い物をしていると、無意識で視線が他の人の子供を追いかけていました、口には出して言わなかった為、余計にこちらも辛くなりました。

後に、あらためて夫婦で話し会い子供が出来なかった場合や障害があった場合など真剣に話し合い、結果色々苦労することがありましたが最終的に子供を授かる事ができました、男性は不妊治療と聞くと尻込みしてしまいますが、子供が欲しくても中々出来ない場合は、少しでも早く勇気をだして病院に行くことをお勧めします。早ければ早い程、成果が出やすいと思いますよ。