ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

少しの休憩、あきらめた瞬間に妊娠

December 6, 2015
約 3 分
少しの休憩、あきらめた瞬間に妊娠

執筆者 まいこさん

不妊治療というと、なかなか人には言いにくいし、先が全く見えなくて、とても辛いですよね。私も、3年間不妊治療をしました。

もともと、生理が不規則だったのですが、気にせず過ごしていました。でも、結婚してから、5年くらい経っても、妊娠する気配が全くなく、病院に行ってみると、治療には、時間がかかるかもしれないとわかり、不妊治療を開始しする事にしました。

私の場合、女性ホルモンが人より少ないらしく、月経がバラバラなので、排卵日が特定できないうえに、毎回ではありませんが、無排卵の時もあったようです。

とりあえずは、体温をはかり、グラフをつけてはじめることから始め、月経周期の排卵までは2,3日おきに病院に通い、女性ホルモンの注射をうつという治療を始めました。この病院通いが大変で、婦人科はどこでもそうだと思いますが、すごく混んでいて、待ち時間は半端じゃないです。これだけで、くたくたでした。

そして、月の半分は、病院に通っていたので、すごい労力とお金です。一生懸命、病院に通って、排卵がやってきて、次に生理が来て、落ち込むということの繰り返しでした。なかなか、思うような結果が出ません。そして、周りの友人の出産ラッシュ。「おめでとう」と言いながらも、すごくストレスでした。

ちょうど、その頃、先生から「治療をもう1ステップすすめてみるかどうか」ときかれました。その治療は万単位のお金もかかるし、さらにストレスもかかりそうだと悩みました。そして、夫と相談して、あと1回だけ今までの治療を試して、駄目だったら、少し休むことにしました。

毎日、私が不妊治療の事ばかり考え、夫が心配して、気分転換した方がいいんじゃないかということになったのです。

それを決めた途端、すごく気が楽になりました。もう、子供もいいかな。犬でも飼おうかなと思ったりもしました。そんな時に、なんと嘘のような話なんですが、妊娠できたのです。あきらめた時とは、よく聞きますが、実際に本当でした。

不妊治療中の人が妊娠の事を聞くと、すごくストレスだと思います。ただ、こんな事もあるんだと気楽に聞いてもらえると嬉しいです。
[sc:不妊治療 ]