ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

治療の早めの切り替えがよかったと思います

November 28, 2015
約 3 分
治療の早めの切り替えがよかったと思います

執筆者 ことさん

根気よく不妊治療に挑み無事に妊娠した経験について。私は38歳の女性です。20代の時は結婚に対しての意欲もなく飲食店の社員としての激務に追われる日々でいい相手にも恵まれず仕事に精をだす日々でした。

そして30代に差し掛かり自分の周囲も結婚妊娠のブームでどんどんと自分が置いてきぼりになっているのに気が付きました。32歳の時に出会った今の旦那と結婚したいと思いましたが、私自身仕事を辞めるタイミングもなく、旦那側も当初は結婚資金を貯めているわけでなくすぐに結婚ができる状態ではなかったので、お付き合いを始めてから3年経過してやっと入籍に至ることができました。

気が付けば35歳になっていていざ子供を作ることを意識して一刻も早く妊娠をしたい気持ちでしたが毎月生理はやってきて妊娠の前兆はありませんでした。結婚して1年半が経ち36歳になった私は避妊治療を希望してレディースクリニックに通う事になりました。

一般不妊治療を受けることになりました。まずはタイミング法で排卵日を正確に予測して夫婦生活のタイミングを決めるものでしたが3か月ほど実践した結果は妊娠に至らずタイミング法だけでは難しいと思い次のステップに挑みました。

薬物治療で排卵誘発法で薬を処方してもらいました。期待を膨らませてなんとか薬を飲みながらの夫婦生活に挑みましたがこれまた3か月経過したものの結果がでずにだんだんと焦りがつのっていく一方でした。一刻も早い妊娠希望だったので私は人工授精を希望していました。

初めての事で怖い気持ちもありましたが、もたついて時間が経つ方が嫌だったので実行に移りました。自然排卵で挑むことになり超音波検査と血液検査をして旦那から採取された精子を人工授精の処置をしてもらいました。子宮内にカテーテルを挿入されて少しの痛みは伴いましたが我慢できるものでした。

それから妊娠判定まで待ちましたが生理がやってきて失敗に終わってしまいました。けれど一回で成功する確率も低いので再挑戦をして2回目の人工授精に、妊娠判定まで待ちましたがやっと妊娠することができました。それなりに根気は必要でしたが諦めずにコンスタントに治療に取り組んでいったおかげで無事に赤ちゃんを授かることが出来ました。早めの行動をしていのがよかったと思います。