ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

2人目の妊活に漢方を使いました

December 8, 2015
約 3 分
2人目の妊活に漢方を使いました

執筆者 あやかさん

2012年に1人目を出産してから生理不順、無排卵月があるなどの症状があり、なかなか自分の体の調子が分からずに悩んでいました。

そこで、子宮頸がん検診の際に婦人科で相談をして、漢方を処方してもらいました。

貧血、月経不順、不妊症などに効果のある漢方で、これを数ヶ月飲み続けています。漢方なのですぐに効果があるわけではないのですが、それまでガタガタだった基礎体温も安定し、低温期の温度も上がってきました。

飲む前は最低温度が35度台だったのが、36度台になりましたし、高温期も妊娠していない周期も39,8度くらいになり、妊娠した周期は高温期13日目から37度を超えました。これは、漢方のおかげだと思います。漢方自体は結構苦いので、飲み慣れるまでに時間がかかりますが、慣れれば味も気になりません。

また、毎食30分前に飲まないといけないので、食事の時間が読めない時などは飲む時間に悩みますが、空腹時の方が効果があるということだけのようなので、無理して時間を厳守にしたりすることはしませんでした。

生理周期は1人目妊娠前より伸びて33日周期ぐらいですが、低温期と高温期がくっきり分かれるようになったので、排卵日も特定しやすくなりました。この漢方は薬局でも買えますが、病院で処方してもらった方が圧倒的に安いので、婦人科でもうらうことをおすすめします。

さらに、市販の排卵検査薬を使っていました。排卵検査薬を使用することで基礎体温と照らし合わせてほど確実に排卵を把握することができました。生活習慣としては、9月ごろから腹巻をしています。これは、妊活の敵である冷えへの対策です。

体は暑くてもおなかを触ると冷たいことがよくあったので、秋になる前から愛用しています。今では履いていないと寒くて違和感があるくらいです。

腹巻も普通の筒状のもの以外に、短パンのように下着の上から履くタイプがあり、ずれないのでこちらを愛用しています。私は無印良品のものを使っていますが、最近はDAISOなどにも売っているので、手軽に手に入りおすすめです。
妊娠中にも使えるので数枚持っておくといいと思います。
[sc:体験談投稿フォームへ ]