ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

安産祈願に霊験新たな神社はどこ?都内、関西でおすすめ神社の紹介

November 28, 2015
約 7 分
安産祈願に霊験新たな神社はどこ?都内、関西でおすすめ神社の紹介

現在は、万が一の時には帝王切開という方法もありますが、昔のお産は大変な仕事でお産で命を落とすこともよくあることでした。そのため、妊娠すると安産への願いから、どうしても神頼みになって、安産・子授かりに霊験新たかな神社へとお参りしたくなるようです。医療科学が進歩した現代においても、お産という神秘現象の前には、安産を祈願してしまいたくなるようで、神社には安産祈願の妊娠女性が、ひっきりなしに訪れているようです。

首都圏で代表的な神社といえば、赤坂にある日枝神社、神田にある神田明神ですが、こちらは、どちらかと言えば縁結びの神としての方が有名。喜多見氷川神社は世田谷にある威風堂々とした神社です。他に、亀戸の亀戸天神社、渋谷区の東郷神社、赤坂の乃木神社などの名前が上がりますが、東郷神社、乃木神社両神社とも明治の軍人を祭った神社ですし、亀戸天神社は菅原道真を祭っていますから、どちらかといえば、合格祈願が主になります。日枝神社は江戸時代、徳川家の産土神として崇敬され、将軍の世嗣の出産の折に祈祷されてきた伝統はあります。

東京で安産祈祷で有名なのは、水天宮と明治神宮です。有名子育て神社にお参りしたくなってしまうのは休憩場所が整っていたり、会計が明朗なこと、長年の経験から妊婦さんへ優しい心遣いがなされているということがあるのでしょう。安産に霊験あらたかな神社に、女性の人気が偏っているようです。

都内での安産祈願は水天宮

水天宮

画像引用元 @Nessie_GLHF

東京水天宮は、安産・子授けの神として信仰を集めている神社です。都心で、安産祈願、お礼参り、そして赤ちゃん誕生のお礼参りと、今後の健やかな成長を願うお宮参りにと水天宮は人気があります。あるいは、安産の神社として200年という実績が支えているからでしょうか。水天宮のホームページも、どことなく安らぎと暖かさがあるようです。妊婦である女性の体調に心に寄り添ってくれるような空気が感じられます。女性にとって、出産は、ともかく越えなければならない峠のようなものですから、やはり居心地よく迎えてくれる雰囲気は大切なことでしょう。東京水天宮が、なぜ、女性に信頼と人気があるのか、考えてみましょう。

安産、子育てに利益がある

東京水天宮は、はじめから安産・子育てにご利益があることを前面に押し出し、200年も女性のために祈祷してきてくれました。水天宮の御祭神は、天御中主神(あめのみなかぬしのおおかみ)安徳天皇、建礼門院、二位の尼です。あの平家物語のなかで悲劇を演じた人々を祭っているのです。天御中主神は、日本の神々の祖先神で、安産とか子授け祈願に貢献してくれます。

福岡県の久留米水天宮が総本宮になります。いにしえの平家の女性たちも祭った神社でもありますが、どうして平家の女性が神になり、女性の安産、子育てを願うのかは、もうひとつ分からない世界ですが、子の成長と静かな平和な暮らしを願うのが多くの母親の望みであり、それと唱和するために建礼門院も二位の尼も、天界から降りてきて、これから母となる女性に力を貸してくれるというのでしょうか。いづれにしても水天宮はそうした優しい女性神が、母になる女性にパワーを授けてくれるスピリチュアルな空間となっているのかもしれません。

水天宮は祈祷料が一律3000円と明朗

水天宮へ到着したら、早速、安産祈願に申し込みをします。祈祷料金は3000円。授与品がついています。3000円支払い終えたら、申し込み用紙に名前を記入し待合室で待ちます。名前が呼ばれたら、社殿に行きましょう、そこで、祈祷ですが、たいていは合同になりまするようです。なお、戌の日以外は、付き添い者も一緒にご祈祷できます。授与品については、以下のごとくです。

お守り
安産祈願のお守りです。
お神礼(ふだ)
神棚とか目線の高いところ、または、家族が集まるところに飾ります。
日本酒
シールを貼って「福犬」を完成させましょう! 安産の縁起物として、日本酒が入っているビンに犬のシールを貼ることができます。お産の軽い犬にあやかりたいという気持ちです。
腹帯
水天宮の腹帯は、昔から有名。腹帯は5000円。妊婦帯に縫い付けてができる御子守帯の子布というものも、売っています。この福帯は安産祈願の念が込められています。
護符

神社で祈祷やお祓いを受ける際の祈祷料の納め方ですが、白赤の蝶結びののし袋を用意し、そこに初穂料と書き、下に祈祷を受ける赤ちゃんの名前を書きます。現金だけ渡すことも出来るのですが、熨斗袋で事前に用意しておいた方が慌てることがないでしょう。何しろ、神様へお願いするのですから、それなりの節度を示したほうがいいかもしれません。ちなみに、水天宮の祈祷は、事前予約はできません。当日、名前を書類に書いて、それて受付完了。祈祷は8:00~5:00pmに受付をする必要があります。

水天宮の場所、地下鉄新宿線浜町駅から1分

水天宮は東京都中央区にあります。平成28年まで仮宮に移転していますが、現在の最寄駅は、都営地下鉄新宿線 浜町駅(A2)徒歩1分で行かれます。ほかの地下鉄は、東京メトロ半蔵門線水天宮前駅(5番)徒歩7分。東京メトロ日比谷線か人形町駅(A1)徒歩7分になりますが、地下鉄新宿線なら、山の手、中央などからのアクセスも、左程困難ではないでしょう。地下鉄で1分というローションは、魅力なはずです。参道の長い砂利道を歩くのも、妊婦さんには大変です。地下鉄1分というのは、その負担を軽減してくれます。車で来たほうが、楽という見方もありますが、水天宮の駐車場は、なかなか空いていないという口コミもあります。

水天宮のご案内

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-30-3
午前8時~午後5時(予約不可)
ホームページ

関西の安産祈願は中山寺

中山寺

画像引用元 @hankyu_taiga

中山寺は宝塚市にあります。聖徳太子の創建と伝えられ、わが国最初の観音霊場といわれています。本尊は、十一面観世音菩薩で、古くから安産・子授かりの観音として信仰されてきました。安産祈願の霊場として、源頼朝、豊臣秀吉も中山寺に祈願して秀頼を授かり、秀吉亡き後秀頼は、焼却した伽藍を再建をしました。これが現在の伽藍です。古来より中山寺が有名なのは、子授け・安産の霊験です。女人救済で知られる本尊は、子授けや安産にご利益があると信じられてきました。つまり、観音信仰のような中山寺は一般の神社の概念に当てはまらないという問題も抱えてはいますが、その人気は女性に特に高く、いつ行っても混雑しているというくらいです。

中山寺はお寺です

中山寺は寺と書かれている以上、お寺です。兵庫県宝塚市に位置し、真言宗の中山寺派大本山です。とにかく、聖徳太子が創建したといわれるくらい伝統ある古いお寺です。源頼朝、豊臣秀吉の歴史上の人物の名まで出てきて、念願の子供を授かったという伝説があると、その霊験の評判は津々浦々にまで届いたのでしょう。文学にも謡曲にも中山寺を舞台としたものは語り継がれています。そうした沿革のなかで、中山寺を最も有名にしたのが、明治天皇を産んだ中山一位の局の存在です。中山一位局は、中山寺の伝説の鐘の緒を受け、明治天皇を無事に出産されました。この件で、明治天皇勅願所「安産の寺」として名高くなりました。謡曲にまでなった安産を祈る人々が、全国から腹帯を授かりにやってきます。「鐘の緒」の霊験によって、子を授かったり無事安産だったということがあるようです。この「鐘の緒」は、腹帯セットの封筒に書かれていると言われています。

通信で祈祷してくれるので妊婦には有難い存在

そういうわけで、中山寺に祭神といわれる存在はなく、本尊は「十一面観世音菩薩」で、こうした女人救済の観音信仰が、安産祈願に通じ多くの人々の信仰となっていったと考えられます。中山寺では、安産のために、あらかじめご祈祷した御腹帯とお守りを授けてくれます。妊婦への祈祷は、お札を10日間身代わりに祈祷し、郵送してくれます。安産特別祈祷においては、お参りした当日に妊婦が直接、祈祷殿で祈祷を受けられるものです。さらに、札をつくり、当日を含む10日間祈祷の後に郵送してくれます。

安産祈祷 (お札を身代わりに祈祷)

祈祷料 ・・・ 7,000円
授与品 ・・・ 御腹帯(1本)、お守り、お札(後に郵送)

安産特別祈祷 (直接のご祈祷を致します)

祈祷料 ・・・ 20,000円 授与品 ・・・ 御腹帯(2本)、お守り、お札(後に郵送) 御腹帯とお守りは、お参りした当日に授けてくれます。

中山寺の通信祈祷をしてもらう

中山寺に初参りする方は、同時に安産祈願をする方もいます。この方法も、少し変わっていますので、少し触れておきたいと思います。中山寺の腹帯とお守りと祈祷は2パターンあります。それによって、料金も変わってきます。

基本の安産祈願で祈祷料は7000円です。この祈祷は、安産祈願のお札を身代わりにご祈祷してもらい、後から郵送してもらうというものです。お札は中山寺であと1週間祈りパワーをこめてもらってから、郵送されます。まず、鐘の緒・腹帯のことです。それから「妊娠中の心得」、護符とろうそく。護符とろうそくは、産気づいてから活躍します。産気づいたら、護符をコップの水に浮かべて、ろうそくを灯すんだそうです。この方法だと、お札に祈祷を込めますので、遠方の方でも安産祈願を受けることができます。

直接祈祷をしてもらう

この場合は安産特別祈祷といい、祈祷料は20000円となります。お札を作って妊婦さんと一緒に祈祷を受け、その日を含めて10日間祈祷を行ってから郵送してもらえます。安産特別祈願を依頼すると、妊婦さん本人も祈祷を受けることができます。この祈祷料が込みの価格になっているという訳です。

妊婦にやさしいエレベーターとエスカレーターの設置

妊婦さんが、神社やお寺の会談を登るのは大変です。中山寺では、そんなお母さんに配慮してエレベーターやエスカレーターを設置しています。オムツなどを替える専用施設も設置してくれています。この設備も、遠くない未来の初参りの折には、着いて回ることなので、お母さんに寄り添ってくれています。今時、デパートなどでは当たり前のことですが、お寺で赤ちゃんのオムツ替えができる設備というのは珍しいことです。待ち時間もかかることを考慮して、かなり広いスペースの喫茶とお食事できるお休み処もあります。寺社でこんなに休憩できるスペースが広ければ、待ち時間もそれ程苦痛にはならないでしょう。 蓮ごはんは、蓮根、ぎんなん、クコの実、雪菜、もち米、油揚げを蓮で包んだ中山寺の名物で、お休み処「梵天」で食べられますし、お持ち帰りもできます。なお、中山寺の裏山は、北中山やすらぎの道というハイキングコースがあります。中山寺奥の院は、長尾連山にある自然休養林になっています。初春の梅、春の藤、晩秋には、奥の院の紅葉も美しく整います。

中山寺の場所、阪急中山観音駅より徒歩1分

阪急中山観音駅より徒歩1分で便利。妊婦さんなので、車での参拝を考える方も多いと思いますが、中山寺には駐車場がありません。ロケーションが阪急中山観音駅より徒歩1分ということで、いたって便利なので、駐車場を設置していないのではないかと想像しますが、車での来訪は駐車場探しから始めなければなりません。しかも、土日や戌の日には混雑するので、私設駐車場も一杯になり入れなかったという口コミもあります。せっかくの安産祈願にきたのに、駐車場のためにてんてこ舞いするのも憂鬱です。中山寺周辺には、会食できる適当な料理店も見当たりませんので、車で来訪されても余りメリットもありません。

そうした環境をカバーするため、中山寺内には広いスペースのお食事処があります。喫茶もあり、珈琲や紅茶をはじめジュース類のドリンク類も飲めます。それでも、車利用でということでしたら、あらかじめ駐車場情報を調べておくことをお勧めします。口コミでは、阪急宝塚線の中山観音駅前のロータリーにある駐車場が分かりやすそうです。176号線に「中山寺」という看板が出ている交差点を曲がった場所です。それでも、土・日休日や戌の日は、昼を過ぎると混雑するので、朝もできるだけ早い時間に来訪することがお勧めです。

中山寺のご案内

〒665-8588 兵庫県宝塚市中山寺2丁目11-1
午前9時~午後17時(0797-87-0024)
ホームページ

安産祈願まとめ

いかがでしたでしょうか。水天宮は祈祷料が一律3000円と明朗会計。アレコレ悩むこともありませんね。そして、周辺は東京の中心街。昔からの伝統的店舗で会食する場所に困りません。安産祈願に東京水天宮は、条件のそろったオススメの神社だと言えるでしょう。関西の中山寺は、通信で祈祷もしてもらえるのが特徴。源頼朝や豊臣秀吉も訪れたという名刹。歴史と同じ空間にいるというのも、胸踊ります。観音信仰ですから、その暖かさにも、きっと触れ得るに違いありません。いずれにしても、安産祈願なのですから、心穏やかに出産できるあなたの神社を選びましょう。