ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

夫婦と医師との信頼関係で妊活を乗り切る

December 22, 2015
約 3 分
夫婦と医師との信頼関係で妊活を乗り切る

執筆者 なつみさん

結婚してすぐに子供が欲しいと私は思っていましたが、主人のほうは焦らなくてもそのうち子供が出来るよ、と言う考えでした。私も最初は焦らなくてもいいと思っていましたが周囲の友人たちがどんどん妊娠していって、だんだん心に余裕がなくなってきました。

そのうち出来ると思っていて、自分は酒もタバコもしないし健康には自信がったのですぐに妊娠できると考えていました。妊活を意識してからは基礎体温をつけたり、妊娠中にも必要と言われる葉酸をサプリで摂取してみたり、冷え性なので体を冷やさないように気をつけるようにしました。

しかしそれでも妊娠しなかったので、どこか体が悪いのではないかと気になって産婦人科へ行くことにしました。近所で綺麗な産婦人科があって、ネットの口コミも悪くはなかったのでその病院に行くことにしました。病院に行って分かったのは自分は妊娠しづらい体であると言うことが分かってとてもショックを受けました。

医者からはまだ若いから今から妊活を始めたら大丈夫、とのことでした。しばらくタイミング法を受けることになりましたが、通う始めて思ったのはそこの産婦人科の先生とうまが合わないと言うことでした。私は子供が出来ないことに本当に悩んでいましたが先生はあまり親身になってくれず冷たく感じました。

病院に行く回数もすごく多くて、多いときは一週間に3回通う時もありました。気分が沈んでいるときは待合室で妊婦さんに会うのがとても辛かったです。その頃から主人も妊活に協力的になってき始めて、私の基礎体温の事や体の調子を気遣ってくれるようになったのはすごく嬉しかったです。

その後知り合いからいい産婦人科があると教えてもらい病院を変えることにしました。そちらの先生はとても優しくて、不妊治療の無料講座をしているから是非旦那さんと参加してくださいと言ってくれたので二人で参加することにしました。

それまでは不妊治療の流れやステップアップしていく順番など全く分からない状態でしたが、その講座を受けることでこれからの妊活の段取りが分かって安心する事が出来ました。今までは先行きが分からずただタイミング法をずっと続けていつまでこれが続くのか分からなかったのが自分の中でストレスとなっていました。

病院を変えてからはタイミング法の指導も少し違い、以前の先生と違ってあやふやな言い方はされず、「絶対に大丈夫だから」と言うように励ましの言葉を沢山言ってもらえました。必ず診察後に質問をする時間も設けてくれ私の悩みや相談も聞いてくれる先生でしたので、この先生なら大丈夫と信頼する事が出来ました。

主人も診察のときはなるべく付いて来てくれる様になり心強かったです。看護師さんの話では、たまに産婦人科へ行くことを拒む旦那さんもいるらしく、妊活は夫婦の問題なのに非協力的で悩む女性もいると聞きました。私は信頼する先生にも出会う事が出来て主人も協力的で恵まれていたおかげで転院後妊娠する事が出来ました。

妊活は規則正しい生活も大事だけど、精神的に辛い時期なので信頼する先生と夫婦関係を築くのが大事だと思います。
[sc:体験談投稿フォームへ ]