ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

授乳口付きウェアって必要なの?授乳口付きウェアは妊娠中から買っておけばよかったの声多し!

December 26, 2015
約 9 分
授乳口付きウェアって必要なの?授乳口付きウェアは妊娠中から買っておけばよかったの声多し!

妊娠中は「へーこんなのあるんだー。必要なのかな?」程度に授乳口付きウェアを考えている新米ママは多いようです。

妊娠前には流行りのオシャレなショップでショッピングすることを楽しんでいたのに、いきなり授乳口付きマタニティウェアを、ベビー用品店や通販で買うのに若干抵抗があるママは少なくないのです。お腹が大きくなって今までの服が着られなくなってからも、ちょっとゆったりとしたデザインの普通の服を買い足したりして過ごしがちです。

ですが、今では授乳口ウェアをはじめ、マタニティウェアはデザインも豊富になってきており、最近だと熊田陽子さんがマタニティウェアを薦めていましたね。

機能性から見ても、お出かけの時、ミルクを作るのは大変だし母乳をあげるにも服を脱がないといけない場合があって結構大変です。授乳口付きウェアならそのような心配はありません。

一度使ってみるとその便利さと手軽さに驚きます。出産後は育児の大変さで買い物など出かけられる状況ではありませんので、妊娠中に購入しておきましょう。

今回は、使ってみると大変便利な授乳口付きウェアをご紹介します。

授乳口付きウェア人気通販ランキング
1位:
産前から産後まで。長く活躍するマタニティウェア&授乳服
【スウィートマミー】
3,600円~
熊田陽子さん一押しのブランドです

2位:
授乳服とマタニティ服のMilk tea(ミルクティー)
【ミルクティー】
4,990円~

3位:
マタニティウェア&ベビーウェアとギフト通販
マタニティウェア&ベビーウェア
【エンジェリーベ】

大丈夫だと思っていたけど結構大変な授乳

授乳口付きウェア確かに妊娠中は丈などに気を付けてゆったりとした服を選べば、普通のショップで売っている大きめの洋服で事足りることが多いのですが、産後に改めて授乳口付きウェアを買わなければいけなくなるケースが多いんです。

産後に新米ママが実感するのが、授乳の大変さ。新米ママも新生児も、まだ授乳に慣れていないので、例えばゆったりした服の中に新生児をすっぽり入れての授乳などは手こずります。新生児もおっぱいを飲みなれていないので飲むのに時間がかかりますし、ゆっくりとちょっとづつお顔を見合わせながらの授乳が安心できるでしょう。

はたまた、胸まで洋服をたくし上げての授乳はおっぱいが丸出し状態になります。産院の授乳室では、出産を終えたばかりのママさん達が、おっぱいを出しながら授乳に挑む姿は別に珍しい光景ではありません。

しかし病院を退院して、実家に里帰り中などの授乳時におっぱいを丸出しにして授乳をするとなると、少々気まづい思いをすることも。そして、たくし上げての授乳ではお腹や背中が出てしまうので冬場などは結構寒いです。冷えはおっぱいの出にも影響してしまいますし、あまりよくないでしょう。

長い授乳生活

授乳口付きウェア産後の6週間程度は産褥期(さんじょくき)と言われ、出産で疲れた体をゆっくりと休めて回復させる事が大切な期間です。とりわけ一ヶ月の間は外出する機会もとても少ないでしょう。そんな期間、手持ちの服で何とか授乳を乗りきれたとしても、授乳期間はまだまだ長いです。

まず直面するのが、一ヶ月健診などです。出掛けた先での授乳、外で行わざるおえない最初の場面に直面した時に、大丈夫なのか?っと戸惑います。外出時にはミルクという方法もありますが、選択肢は多い方が良いでしょう。赤ちゃんがお腹をすかせて、大泣きしてしまった時にサッと授乳させることができる授乳口付きウェアはやはり重宝しますし、心配事が多少減るでしょう。

そしてそれからは少しづつ赤ちゃんと供に外出する機会は増えていきます。現在例えば順天堂大学医院の産婦人科では、離乳食開始まで半年間は母乳やミルクなどで過ごすのが、アレルギーになりにくいので良いと指導されています。

新生児は3時間置きに毎日8回程度、その後に徐々に回数こそは減っていきますが、個人差はあれど卒乳するまで授乳をする期間は結構長いです。毎日何回も繰り返すことなので、ママの負担軽減のためにも授乳口ウェアは買ってよいものでしょう。

妊娠期間から使える

授乳口付きウェア授乳口ウェアというと産後のイメージが強いですが、授乳口付きウェアは産前産後で使用できるものが多いです。お腹が大きくなった時も窮屈な思いをせずに安心して着ることができ、産後のスムーズな授乳も助けてくれます。産後に買えばいいかと思っても、産後の一ヶ月などは赤ちゃんのお世話と自分の睡眠時間の確保に追われすぐに過ぎてしまい、どれを購入しようかなどと選ぶ余裕がなくなりがちです。

また今はパッと見では授乳口ウェアだと分からないようなデザインの服など、バリエーションも豊かです。産後に必要なら買えば良いかではなく、どうせゆったりした服を購入するのなら授乳口付きの物を購入してみるのも悪くないと思います。授乳口付きパジャマだけでなく、普段着用にも授乳口付きウェアを購入しておくのはオススメです。

授乳口付きウェア使用者の声

  • 授乳口付は寒い時期には必須です。授乳に何十分もかかるので、普通の服をめくりあげるとお腹が出っぱなしで寒くてつらかったので慌てて購入しました。胸だけを出せるのはありがたいですよ。
  • 普段の服と授乳ケープだけで服をめくりあげると、横からお腹が見えてしまいます。反対に服を下げて上から出そうとすると服が伸びてしまいます。授乳口付きか前開きの服が授乳にはオススメです。
  • 産まれてすぐは1日に何度も何度も授乳します。その度に服をめくりあげるのは大変だから、ちょっとめくるだけで授乳できて、授乳服はとっても便利でした。
  • お腹はみえないし、冬はあたたかい。無くてもいいやと思ったけど、買ってみたら楽だった。
  • サイズの大きい服を妊娠中に買ったけれど、産後に体型が戻ったら結局着なくなったし、おとなしく授乳服を買っておけば産前産後着れたからよかったなーと後悔。授乳口はやっぱりあると便利。
  • 入院用に買った授乳口付きパジャマは家では着なかったけれど、外出用の授乳口付き服はかなりの頻度で着ていました。授乳口付きの服プラス授乳ケープがあれば、外でも安心して授乳できます。
  • ママ友の家に遊びに行った時も、後ろを向く位で授乳できるから、買っておいてよかった。
  • パーカーにクロスオープンのキャミソールもおっぱいがあげやすいけれど、チャックの金具が赤ちゃんの顔にあたったりするから、やっぱり授乳口付きの方が私は好き。
  • 臨月に普通の服が限界だったのでどうせならと授乳服を購入しました。ゆったりしてお腹が大きくても着やすかったし、産後も大活躍しました。

授乳口付きウェア人気通販ランキング
1位:
産前から産後まで。長く活躍するマタニティウェア&授乳服
【スウィートマミー】
3,600円~
熊田陽子さん一押しのブランドです

2位:
授乳服とマタニティ服のMilk tea(ミルクティー)
【ミルクティー】
4,990円~

3位:
マタニティウェア&ベビーウェアとギフト通販
マタニティウェア&ベビーウェア
【エンジェリーベ】