ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

5年間不妊に悩んで

January 26, 2016
約 2 分
5年間不妊に悩んで

結婚して1年くらいで一度、妻の妊娠が分かり喜びました。

けれども、それから2か月経たないうちに妻が流産してしまいました。結婚してからすぐに、子どものことは考え始めていましたが、1年は妊娠しなかったということと、妊娠しても直ぐに流産してい締まったという経験が、私たち夫婦に不安を突き付けました。

その後、再び子どもを授かることを目指してきました。流産経験から5年。妻は基礎体温を記録したりしながら過ごしていました。自分たちで排卵日を予測して、排卵予定日当日、その前後…とにかくいろいろなタイミングで試みていました。

あれ以来妊娠に至らなかったこともあり、夫婦の間でも子どものことについて、妊娠について、何となく話を避けるようにさえなってきました。それでも、ある日妻が「一度二人で不妊相談に行ってみようか」と切り出してくれました。
その言葉をきっかけに近くの産婦人科に相談に行きました。

その産婦人科は基本的にタイミング療法のみで、それ以上の不妊治療などを希望する際には他の病院へ、ということでしたが、経済的理由もあり、「もう一度、医師に手伝ってもらいながら、タイミングを取ってみよう。1年という区切りを決めて」と、タイミング療法をスタートしました。

これまで通りに基礎体温を記録し、排卵日を予測し、その日が近づいて来たら病院へ行き、受診して、実際に排卵がいつ起こるか、あるいはしているのかを確認してもらえました。基礎体温のつけ方は変わらなくても、さすがに排卵の状態までは素人ではなかなか知り得ないことなので、その違いは私たち夫婦の中ではとても大きく、心強かったです。

それでも4か月、妊娠が確認されないまま過ぎていきました。途中で私自身も別の病院で精液検査を行い、多少数値で気になることがあるが、自然妊娠が可能ということが確認されていましたので、余計に不安になったことを覚えています。

けれども、5か月目の時に、着床妊娠が確認されて二人でとても喜びました。妻もいよいよ臨月です。このまま出産までしっかり支えていきたいと思います。