ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

母乳が出ない、でも母乳育児がしたい。母乳が出やすくなる5つの方法

April 20, 2016
約 5 分
母乳が出ない、でも母乳育児がしたい。母乳が出やすくなる5つの方法
ミルク育児でも問題ないのはわかっていますが、母乳育児を諦めたくありません。良い方法はありませんか?

29歳 女性からのお問い合わせ

以前、「母乳育児にこだわらないで」の記事を読んだ方からのお問い合わせでした。

確かに母乳が出なくて悩んでいる母親は多く、以前取り上げた母乳の通販による死亡事故が起きるような事態に繋がる、重大な問題として私達は考えています。

病院や専門科によれば、「少量の母乳でも十分」・「今のミルクは母乳に限りなく近いのでミルク育児でも問題ない」と耳にすることもあると思いますが、母乳が出やすくする方法に関して言及する医師や専門家はなかなかおりません。

確かに、医師や専門家の言うとおり、少量の母乳や100%ミルク育児でも赤ちゃんにとって健康的な影響が出来ることはまれです。しかし、安心したのもつかの間、母乳には免疫をつける成分が入っている、母乳育児をした子供の方が健康的などの情報もあり、また苦しんでしまう。将来自分の子供が病気にかかってしまったら母乳育児をしなかったから?と頭を過り自分を責めるかもしれない。子を持つ母にとって母乳育児にこだわるのは、本能的なものなのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、今回は、母乳が出なくて悩んでいるママに、母乳を出やすくする方法をご紹介したいと思います。

母乳が出やすくなる5つの方法

母乳の出が悪い原因は人それぞれです。あせらずに一つづつ試してみて、もし効果が現れるようであれば続けて行きましょう。

1、母乳の出やすい体質を作る

母乳の出やすい体質にするには、食生活や生活リズムは必要不可欠ですが、育児で忙しいママには手間がかかり過ぎますし、そもそも改善したとしても効果が出るまでは時間がかかりすぎます。

そこでおすすめなのが、母乳を作りやすい体質にするサポートドリンクを摂取することです。母乳が出ない原因は、ママの栄養分が足りていないことです。サポートドリンクは、鉄分やミネラルといった、産後に不足する栄養素が凝縮されており、中でも助産師さんもおすすめする優秀な「豊潤(ほうじゅん)サジー」というサポートドリンクは、スプーン一杯分で、200種類以上もの不足した栄養素を補うことが出来るので、時間のない育児中のママに負担なく手軽に摂取出来ます。

豊潤(ほうじゅん)サジーで栄養素を補いながら下記の4つの対策を行うことで、より効果的に母乳が出やすくなります。

2、赤ちゃんにとりあえず乳首をくわえさせる

たとえでなくても、頻繁に乳首を赤ちゃんにくわえさせてあげましょう。赤ちゃんが吸う刺激で、乳腺が開いたり母乳が作られたりします。おっぱいの張りを感じているにも関わらず母乳が出ない場合は、乳腺が詰まっている可能性があります。その場合は、母乳マッサージが効果的です。

3、乳房マッサージ

母乳を上げる前に、5分程度マッサージを行います。おっぱいに張りを感じたら赤ちゃんにくわえさせましょう。その時、母乳が出ていなかったとしても10分程度赤ちゃんにくわえさせておきましょう。

母乳マッサージのやり方

4、水分補給を頻繁に

そもそも水分が足りていない状態では母乳は作られにくいです。意識的に水分を取るように心がけましょう。

5、母乳に良い食事をする

母乳を作りやすくする食べ物は根菜類や温野菜です。意識的に食事に取り入れることで母乳が出やすくなります。逆に母乳に悪い食べ物はチョコレートなどのお菓子や牛乳、コーヒーなどです。もちろんお酒もNGです。これらは、乳腺を詰まらせてしまう原因になり、お酒の場合はアルコール入りの母乳になりますので大変危険です。

まとめ

母乳が出ないというのは、いくら医学的に問題ないと言われてもやはりどこか後ろめたさがあるものです。母乳を出すために努力されたのであれば、必ず良い結果が期待出来ます。成功の反対は失敗ではなく何もしないことです。母乳育児を諦める前に、まだ出来ることありませんか?