ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

妊娠中の便秘原因と対処法。7割の妊婦さんが便秘を経験

September 9, 2015
約 3 分
妊娠中の便秘原因と対処法。7割の妊婦さんが便秘を経験

妊娠中の女性の体は日々様々な変化をしていきます。その変化の中で大多数の妊婦さんが経験するマイナートラブルに便秘があります。妊娠中はデリケートな時期なので安易に薬を飲むこともできず、人知れず苦しい思いをした妊婦さんも多いと思います。
少しでも快適なマタニティーライフを過ごすために、上手に便秘を解消していきましょう。

便秘の原因アレコレ

妊娠 便秘妊婦さんは様々な要因で便秘になりやすく、一例として下記の様な事が当てはまります。
・ホルモンバランスの変化による腸の運動機能低下
・つわりから水分不足や食物繊維の食べる量が低下
・体や生活の変化からくるストレスによる自律神経の変化
・妊娠したことでの運動不足
・子宮が大きくなり腸が圧迫され便が詰まってしまう
・気張るのが怖い

簡単に実践できる便秘解消方法。

26949e6b93acede68eef809bd8e69170_sまずは自分で出来る簡単な方法から試してみましょう。

①水分補給を意識的に行う

意識的に水分を取る為にまず起きたら、コップ一杯の水または白湯を飲んでみましょう。
朝から胃腸が刺激され動きが活発になるので、便秘の解消に効果があります。
妊娠中は水分が不足し便が硬くなりがちです。便が硬いと排便にも力を加えなくてならず、一苦労。力を入れるのが怖いと言う妊婦さんもいます。
快便のために水分を多めにとることはとても大切です。

②食事はバランス良く、食物繊維や乳酸菌も取り入れて。

分かってはいてもいきなりガラッと食事内容を変化させるのは難しいですよね。
まずは、便秘解消に効果があるといわれている食物繊維や乳酸菌を取り入れる事から始めてみましょう。これらは便秘解消だけでなく、妊娠中に必要な栄養素を効率的に一緒に摂取でき妊婦さんには一石二鳥なので、取らない手はないです。
妊婦に良いとされる食材一例。
玄米、野菜、オリゴ糖をかけたヨーグルト、納豆、プルーン

③ウォーキングなど軽い運動を心がける

妊娠すると体調が安定せずダルさを感じます、初期には運動することでの赤ちゃんへの影響も心配してしまいます、後期になるにつれ体は重くなりますし、どうしても動くことが億劫になってしまいます。
しかし運動不足は腸の働きを低下させ便秘に直結してしまいます。
そこで無理をせず30分程度のウォーキングなどの軽めの運動を心がけることが大切です。
便秘以外にもウォーキングは下半身の筋肉と関節を丈夫にし、安産にもつながります。
脚の筋肉の血液循環が活発になることで妊娠中に起こりやすい脚のむくみやつることを予防することもできます。

改善されない時は医師に相談しましょう

医師 便秘まずは気にし過ぎずリラックスして、少しずつ食事や運動などの日常自分で実践できる便秘解消方法取り入れてみて下さい。そして、どうしても改善できない場合には、早めに医師に相談し、便秘薬を処方してもらい医師の指示通りに服用しましょう。
自己判断での服用は流早産につながることもあるので要注意です。

[sc:メールマガジンへのリンク]