ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

妊娠中のオナラ問題、産後も続く可能性

September 22, 2015
約 3 分
妊娠中のオナラ問題、産後も続く可能性

妊婦して地味に変わったちょっと嫌な事。それはオナラが増えたことです。しかもクサい率までアップ。これはなぜなのか?私だけの事なのか?今日はオナラと向き合ってみます!

ほらみた!オナラは妊娠のせい!

初めこそ我慢していたものの、妊娠して自分の体の変化に付いていくのに精一杯になった私は、夫の前で屁を放つ様になってしまいました。夫は凄く嫌な顔をします。これは妊娠のせいなんだ!と訴えても、気の緩みがそうさせてるだのなんだのとゴニョゴニョうるさいです。そこでとりあえず根拠を探してみました。

①ホルモン変化による腸の不安定さ。

妊娠中は赤ちゃんを守るためのホルモンが出ます。そのホルモンの影響から腸が活発に動いたり鈍くなったりと不安定な動きになり、便秘を引き起こしやすくオナラも溜まりやすくなってしまいます。

②水分が子宮に持ってかれます。

赤ちゃんの発育の為には子宮に水分が必要不可欠です。体内の水分が子宮に多く持っていかれる為に便秘になりやすくなります。便秘になる→腸内でオナラが発酵する→クサくなる。当然です。

③子宮が大きくなって腸を圧迫。

妊娠が進むにつれて子宮も赤ちゃんもどんどん大きくなります。大きくなった子宮は腸を圧迫して便秘を加速させます。赤ちゃんが大きくなると便秘もオナラも増加するものなんです。

④運動不足。

妊娠中は体が重くなり、運動にも制限があるので否応無しに運動不足気味になってしまいます。これは腸の働きを低下させ便秘になりやすくしてしまいます。オナラも増加し匂いも増してしまいますが、我慢することで更に便秘は悪化する傾向があるそうです。

結論としては、妊娠中の便秘がオナラも増加させ、匂いも強くさせているようです。妊娠中に7割の妊娠さんが便秘を経験するといいます。つまり、7割の妊婦さんはオナラも増えて匂いも強くなるということでいいでしょうか?

オナラが出やすい時期

オナラがとくに出やすい時期は妊娠後期の8ヶ月~くらいから頻繁に出始めます。このころになると、おなかが骨盤で圧迫され便秘を引き起こし、結果オナラが頻繁に出てしまうのです。そして、このオナラは・・・

なんと産後もオナラは止まらない

更に色々調べていくと、このオナラ増加は妊娠中だけでなく、産後も続いてしまう模様。出産した骨盤などへのダメージで腸がうまいこと機能せずに腸の動きが鈍くなりやすい。母乳を赤ちゃんにあげる為に体の水分が今度は母乳に持っていかれてしまう。

つまり便秘状態が産後も中々解消されない模様です。

オナラを和らげる方法

もちろん、便秘を解消することでオナラは減っていきます。その便秘を解消する方法の記事を紹介しておきます。

妊娠中の便秘原因と対処法。7割の妊婦さんが便秘を経験
 おもに妊娠中の女性にオススメの対処法です。
腸活が話題!誰でも出来る腸活で元気な身体へ
 産後も続くオナラにオススメの対処法です。

夫は妻のオナラに寛大になりましょう

妊娠初期から出産後までの一年以上の間、女性はオナラが頻繁に出やすくなる。そして我慢することは便秘の悪化にも繋がり母子ともに決して良くない。私はこの調査をして、改めてオナラを放って行こうと決意しました。これは赤ちゃんの為でもあるのです。もちろん便秘にならないようにできる対策はしていきたいと思いますし、なるべく控えめに放っていこうとは思いますが、夫も理解を示して欲しいものです。

[sc:メールマガジンへのリンク]