ママスタイル

妊活から出産、育児まで個別サポート-ママスタイル

妊婦なのに、車を押して移動させる

October 20, 2015
約 3 分
妊婦なのに、車を押して移動させる

執筆者 ことみさん

私は結婚当初から、中古車を愛用していました。セダンタイプの車で、車内は広く座りごこちが良かったのです。当初は40万円くらいで格安で購入をして、その割には、状態が良く乗り回していました。それから約5年くらい経って、第一子を妊娠したのです。

それから、なぜだか車の状態が急に悪くなってしまったのです。それまでは時に問題がなく動いていたのに、急にエンジンがかからなくなったとか、窓を開けたけれど、閉まらなくなったとかです。幸い走行中のトラブルはありませんでしたが、妊婦健診などの際には心配でしたね。実際に妊婦健診の時に、健診に行ったのはいいけれど、診察が終わり車に戻ってみると、エンジンがかからない!ということもありました。JAFに入っていたから、すぐに電話をして来てもらったこともありますね。でも一度は病院前の狭い路地にJAFの車が入ってこれず、車を押さなければならないという状況になったことも…。私はもうお腹が大きかったのに、押しましたよ。でも相手も分かっていて何も言わないのですね。ちょっと私は頭の中は怒りでいっぱいになってしまっていましたね。それからレッカーをされて、ディーラーに持ち込まれ、そのまま修理をしたこともあります。また台風が迫ってきているという時に、窓を一旦開けたら、今度は閉まらないということになったこともあります。これも妊婦健診の帰りで、私は焦って、急いでディーラーに駆け込みました。
このようなことが続き、私がまだ妊娠中で一人だから、時間も制限ないし、気楽にも待っていられる。でも赤ちゃんができたら、動きは取りづらいし、車がこのような状態では困ると思い、私は子どもを産む前に車を変えることを検討しました。

でも結果良かったかもしれません。こんなことがないと車を買い替える気にはなりませんよね。また出産でお金がこれからかかるのに車を購入する出費はちょっとした痛手でしたが、赤ちゃんのことを考えた車にすることができたので、良かったのです。私もこれで安心して赤ちゃんと買い物に行けるなあとほっとした記憶があります。

実際赤ちゃんが生まれることを気に、車を買い替える人も少なくないようですね。最近の車は低燃費だし、維持費も以前のものに比べたら少し安く上げることができるので、その分を赤ちゃんのおむつや離乳食などほかのことにつかえて良かったです。これが私の妊娠中の一番印象に残っていることです。それにしても車を押したりして、特にお腹が張ったりとかトラブルが無かったので、今でもよかったなと思っています。

[sc:体験談投稿フォームへ ]